Categories
Blog Exchange Japanese

Spotlight Interview: Chieh Liu CEO Overbit BTCデリバティブプラットフォーム

会議の為来日されたビットコインデリバティブプラットフォーム、OverbitのCEO, Chieh Liu氏にインタビューをしました。

Overbitは、ビットコインを入金し、外国為替、仮想通貨、貴金属が取引できる取引プラットフォームです。複数の流動性プロバイダーを使うことにより注文の約定が担保され、取引コスト0%を実現しています。Overbitは、マルチシグネチャ採用のコールドウォレットにより軍事レベルのセキュリティを持ち、価格は同プラットフォームのオーダーブックからではなく複数の上位取引所を元に算出される為、価格操作を排除しています。

こちらをクリックして、Overbitの口座を無料で開設し、デモトレードを体験してみましょう。

何故Overbitを創ったのか?

Q 仮想通貨のどのような点に魅力を感じていますか?

2015年にビットコインを知り、マイニングを始め、ビットコインやブロックチェーンの事を勉強するようになりました。私も若く、この新しいものに惹きつけられ仮想通貨にのめり込むようになりました。

Q 何故ビットコインを証拠金とした取引所を開始する事にしたのですか?

ビットコインのデリバティブ取引所を開設した理由の一つは、世界にはデリバティブ取引所が沢山ありますが、個人トレーダーなどの初心者向けの取引所がなかったからです。そこでシンプルで使いやすいプラットフォームを提供したいと思い、設立しました。

Q 何故ビットコイン先物は価格に大きな影響があるのですか?

ビットコインの先物取引は複雑なため、現在の取引主体である20代から40代の人達はあまり参入していませんし、影響力があるとは思いません。

Q スワップがより良い代替手段である理由は何ですか?

スワップ、又は無期限契約が良いのは、現物取引に慣れているトレーダーからすると使い易く、同じようなものだからです。現在、トレーダーの90%以上が無期限契約取引をしているので、先物よりも関心が高いと思います。

Q 個人投資家から搾取するために価格を操作する仮想通貨取引所についてどのような考えを持っていますか?

クジラによる現物価格を激しく上げ下げする操作はかなりの影響がありますが、Overbitのようなデリバティブ取引所で価格を操作するのは不可能です。その理由は、複数の大手取引所の平均値を使っているからです。

Q 現実的に個人投資家は市場で優位に立つ事はできますか?

通常(個人)のトレーダーが現物取引で利益を出すのは難しいと思います。その点デリバティブ取引では、特にビットコインとUSドルのペアは流動性とボラティリティがあるので利益が出せる機会は多いと思います。

Q レバレッジを安全に取引することは可能ですか?

レバレッジをかけて安全に取引するのは難しいと思います。何故ならレバレッジ高くすると当然リスクも高くなるからです。ではどうやって安全に取引するかということですが、いくつかのオプションがあります。一つは指値と逆指値の注文を入れて自動清算されないようにする事だと思います。あと高いレバレッジをかける場合は、勉強してから取引すると良いでしょう。

Q 高いボラティリティと大きなレバレッジのリスクは何ですか?

価格のボラティリティとレバレッジの高さだと思います。まずは勉強して、Overbitのデモトレードをしてみてから実際のトレードをすると良いでしょう。

Q 個人投資家に対して取引所はより多くのチャンスを提供しているのか、それともギャンブラーを増やしていると思いますか?

多くある取引所の中にはギャンブル系の取引所もありますが、Overbitはシンプルなプラットフォームでトレーダーの方に利益を出す機会を提供したいと思っています。複雑なプラットフォームでギャンブル的要素があるものは取引ではなく、別の種類のものだと思います。Overbitでは、シンプルで使いやすい、分かりやすいプラットフォームを提供していきたいと思っています。

Q 取引を成功させるポイントは「シンプルさ」ですか?

勿論そうです。複雑なプラットフォームはトレーダーに大きな影響を与えます。例えばトレードの経験があまりない人が複雑なプラットフォームで取引するとリスクが高くなります。プラットフォームの特徴や機能を知らずに使い、パフォーマンスが落ちる事があります。Overbitはシンプルで分かり易くすいプラットフォームを提供する事によりパフォーマンスを上げる事に貢献できると思います。

ビットコイン、仮想通貨の今後の役割

Qビットコインはゴールド2.0だと思いますか?

今の段階ではデジタルゴールド(金)ではないと思います。何故ならビットコインの価格はまだ安定していないからです。ただ2016年、2017年の頃はビットコインを買って数ヶ月保有

すると価格が2倍、3倍になる事がありましたが、今はそのような事が起きず、取引する人が増えて落ち着いてきたと思います。また中国ではビットコインではなく、USテザー(USDT)を買う人が増えています。現時点ではビットコインはデジタルゴールドだとは思いませんが、将来的にはそのようになる事を信じています

Q現在の通貨システムは時代遅れだと思いますか?

問題は色々あると思います。規制が多すぎたり、富裕層と一般人の口座開設の条件が違う、多くの国の銀行口座では一定のお金を入金する必要があるなど色々と問題があります。このような状況の中、東南アジアやアフリカの人が障壁がなく、自由に送金できるブロックチェーン、仮想通貨を使い始めました。また政府や既存のシステムもブロックチェーンを導入して自由なシステムにできれば良いと思います。

Q不況が来ていますか?

経済不況はいずれくると思います。一つには、世界中の株式、特にアメリカは高くなってますし、前回の不況が10年以上前なので、皆そろそろだと思っているのではないでしょうか。日本政府は銀行への貸付をしていますが、そろそろ不況は来ると思います。

Qビットコインは私達の問題の答えですか?

不況が起きる前か、起きた時に資産を分散する事です。ビットコインを保有するのもその一つです。既にそのような対策をとっている人もいると思います。不動産、金やビットコインを買ったりしてこの問題をしのぐ事ができるかもしれません。

Q ICOに賛成ですか?反対ですか?

ICOには良い所、悪い所色々ありますが、2017年のICO案件の中には資金集めだけでなく、コミュニティ作りや、人材確保などその後の成功に繋がる案件が沢山ありました。一方でこのような新しい事が起きると詐欺案件も出てくるので、ICOに投資する際はしっかり勉強すると良いと思います。

Qもし全てのユーザーとお話しできるのであれば、何を伝えたいですか?

取引する前に勉強する事が大事だとお伝えしたいです。一気に全部の資産を入れないようにする方が良いと思います。分散は大事です。例えば10ビットコインを持っていたらその10分の1を使って取引するのが良いでしょう。デリバティブ取引はリスクが高いので、慎重かつ丁寧に取引するのが良いと思います。

リスク警告: 

信用取引は高いリスクを伴う取引手法であり、ユーザーの投資手段として必ずしも適切ではない場合があります。高いレバレッジはユーザーに不利に働く場合もあります。ユーザーの投資目的、投資経験、及び許容するリスク範囲を十分に検討された上で、取引を開始される事が推奨されます。 取引において、ユーザーに損失が発生しても、Overbitはこれを補償する責任を負いません。

*Overbitのサイト上にある全てのコンテンツは、特定の国の居住者を対象としたものではありません。

By ChainTalk

ChainTalk is an entertainment and education network bringing top traditional and crypto investors, entrepreneurs, developers, journalists, and influencers in Asia and around the world to discover new innovations and usable projects that can affect the global economy.